クレジットカードと支払いについて 限度額やリボ払い、フレックス払いなど解説。

クレジットカードの支払い

クレジットカードは、料金後払いのカードです。ポストペイとも言います。つまり、クレジットカードで商品を購入した場合、カード会社が購入者の代わりにショップに代金を支払い、購入者はあとでカード会社に建て替えてもらった分の代金をまとめて支払う形になります。一時的にですが、カード会社はカード利用者に対してお金を貸すことになるわけです。

「クレジット」というのは「信用」という意味です。つまり、信用を担保にしてカード利用者にお金を貸すわけです。そのため、信用がない人にはクレジットカードの発行そのものがされません。フリーターの方や無職の方がクレジットカードの審査に通りづらい理由はそこにあるのです。

しかし、計画的に利用しないと、その信用を汚すことにもなりかねません。引き落とし銀行口座に残高がない状態でも、クレジットカードでの支払いは可能です。そのため、自分が支払いできる以上の買い物をしてしまう人も多いのが現状です。

クレジットカードの利用はあくまでも計画的に。

締め日と支払日のサイクル

クレジットカードは当然、後払いの仕組みなのですが、締め日と支払日のサイクルは、クレジットカードごとに違います。

しかし、ほとんどのクレジットカードは締め日から支払日までが約30日ほどです。クレジットカードを申し込む際、締め日が何日で、支払日が何日かということは、確認した方がいいでしょう。

基本的には、後払いで金利がかからないワケなので、支払日は遅いほどお得と言えばお得なのですが、人によっては利用してから支払いまでが先延ばしになるのは、借金しているみたいで嫌だ、という人もいるかもしれません。その場合、VISAデビットカードを利用すれば、カードで商品を購入すると、即時引き落としになります。

例として、カードの締め日と支払日を掲載します。

JCBカード 毎月15日締め→翌月10日払い
ライフカード 毎月5日締め→当月27日または翌月3日払い(引き落とし金融機関による)

締め日直後にクレジットカード利用した場合には、支払日まで55日ほどの間が開くことになります。

クレジットカードの審査に関してはこちらのサイトが詳しいです。 http://www.creditcard-shinsa.com/

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2010.7.25. Copyright(C)2011クレジットカードと支払い  - All rights reserved