クレジットカードと支払いについて 限度額やリボ払い、フレックス払いなど解説。

クレジットカードのリボ払いとは?

クレジットカードのリボ払い(リボルビング払い)というのは、毎月、決まった額をカード会社に支払う支払い方法です。毎月の金額が決まっておらず、その一方で毎月の支払金額が決まっている支払い方法です。

毎月の支払金額はカード会社などによって様々で、毎月いくら払うかを利用者が自由に設定できる場合もあれば、利用金額に応じて毎月の支払金額が自動的に設定されるような変動型リボ払いもあります。

変動型リボ払いというのは、例えば10万円までの利用なら、毎月5,000円を、20万円までの利用なら毎月1万円を支払うといった支払い方法です。最近では変動型リボ払い+自分で設定を変えられるフレックス払いが一般的になっています。

リボ払いの利用方法

クレジットカードをリボ払いで利用したい場合、クレジットカード支払いの際に「リボ払い」と伝えれば、自動的にリボ払いになります。

さらに、最近では「あとからリボ」という、一括払いなどで購入した商品でも、後からWEBなどでリボ払いに変更することができるシステムが一般的になっています。一括払いで払えるつもりだったのが払えなくなってしまってリボ払いにしたい時や、リボ払いと伝え忘れた場合などに便利です。

さらに、リボ払い専用クレジットカードというものもあり、カード利用時に「一括払い」と伝えても自動的にリボ払いになります。

フレックス払いについて

リボ払いの発展型として、フレックス払いという支払い方法があります。リボ払いというのは基本的に、毎月支払う額が決まっていますが、フレックス払いというのは、多く支払いたいときは自由に多く支払うことができる支払い方法です。

リボ払いというのは毎月の支払金額が少ない場合はどうしても金利が多くかかってしまうという欠点があるため、その欠点を補完できる支払い方法です。余裕があるときは多く支払って、金利負担をなくせるわけです。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2010.7.25. Copyright(C)2011クレジットカードと支払い  - All rights reserved